ツイキャスの累計配信回数が3億回突破、日本最大規模のライブ配信サービスに

モイ株式会社(本社:東京都千代田区,代表:赤松洋介 )は、ライブ配信サービス「ツイキャス(正式名称: TwitCasting)」の累計配信回数が3億回を突破したことをお知らせいたします。

20160831累計配信回数3億回グラフ

累計配信回数3億回、ユーザー数1,600万ユーザー

ツイキャスは、総配信回数3億回、ユーザー数1,600万人(※2)を超えました。ツイキャスは、2010年2月のリリース以降、ユーザー同士のコミュニケーションを重要視し、誰でも手軽に配信できることはもちろん、音質・画質の向上やユーザー参加型のキャンペーンを開催しています。それにより、ツイキャスで配信をするユーザーであるキャス主(※1)と視聴するリスナーが居心地よく利用できるプラットフォームとして成長してきました。

20160831累計配信回数3億回image

ユーザーのニーズを汲みとった多様なカテゴリ

7月にユーザーを対象に行ったアンケートにて、ツイキャスに登録した理由は「好きなキャス主と交流したい」「知り合い・友だちを作りたい」が過半数を占めました。また、ツイキャスの視聴頻度について「ほぼ毎日」が大きな割合を占めていることから、コミュニケーションを楽しむツールとして定着しています。

会話を楽しんだり、交流しやすい仕組みのひとつにカテゴリの充実があります。既存のカテゴリからは人気キャス主が誕生し、ツイキャス独自の文化が生まれています。また新しいカテゴリは、ニーズを汲み取りながら追加変更することで、趣味・嗜好がマッチするユーザーを見つけやすく新たな仲間ができるなど、ライブ配信だけではないリアルなつながりを形成する補助的な役割を担っています。

1日の最大同時配信者数が1万人を超える

配信数が拡大した背景に、配信者数の増加が挙げられます。2016年8月の最大同時配信者数は合計12日間において1万人を超えました。昨年の同時期には1度も超えていないことからサービスの拡大が伺えます。

コミュニケーションプラットフォームとしてのツイキャス

ツイキャスはユーザーの毎日のなかで欠かせないサービスとしてオンライン・オフラインを問わず浸透しています。ライブ配信サービスの枠を超えたコミュニケーションプラットフォームとして順調に成長しました。今後もひとつひとつのコミュニケーションを大切にユーザー第一のサービスとして邁進します。

※1 TwitCasting、ツイキャス、キャス主はモイ株式会社の登録商標です。
※2 9月1日に到達しました。

TwitCasting(ツイキャス)とは

ツイキャスとは、モバイルにフォーカスしたライブ配信コミュニティです。スマートフォン一台あれば、いつでもどこでも映像を配信出来るサービスとして拡大し、現在全世界に1,600万人以上の登録ユーザーがいます。そのうち、約2割が海外の登録ユーザーです。

・リリース日: 2010年 2月 3日
・対応言語: 日本語、英語、スペイン語、ポルトガル語、韓国語、繁体字、タイ語、インドネシア語
・アプリの対応:App Store(配信用閲覧用)Google Play(配信用閲覧用
・メディア素材:こちら

各記事に関するお問い合わせや取材依頼などはこちらからどうぞ。