ツイキャスが特定のユーザー間で配信や視聴できる「グループキャス」機能を追加

モイ株式会社(本社:東京都千代田区 代表:赤松 洋介)は、ライブ配信サービス「ツイキャス」において「グループキャス」機能を追加しましたことをお知らせいたします。これにより、友達や知り合い限定といったクローズドな形でもツイキャスを楽しめるようになりました。

IMG_1271b

「グループキャス」誕生の背景

サービス開始から7周年を迎え、ツイキャスは1800万人を超えるユーザーにご愛用いただいてきました。誰でも気軽に視聴できるオープンな点がツイキャス・ライブ配信の魅力ですが、多数のユーザーがコメントやコラボで交流しコミュニティが発展していく中で、限られたメンバーだけで安心して配信できる場が欲しいという声も生まれてきました。
そこで、「大きなツイキャスの中のミニ・ツイキャス」「自分たちだけのツイキャスの世界を」といったコンセプトで生まれたのが新機能「グループキャス」です。
仲のいい友達同士でグループを作成することで、グループに登録されているメンバーだけが配信を視聴できます。他のユーザーが参加することはできないので、仲間だけの空間で気兼ねなく楽しんでいただけます。

概要

「グループキャス」を始めるには、まずアカウントメニューの「グループキャス」>「グループ一覧」>「新規グループ」からグループのメンバーを登録します。グループのメンバーは後から追加することもできます(追加できるのは自身のサポーターになっているユーザーのみ)。
配信するときは「ライブのカテゴリ」>「グループ配信」から好きなグループを選んで、通常どおりライブを開始するだけです。配信通知も、登録メンバーだけに送信されます。
メンバーであれば誰でもグループ内での配信が可能であり、複数人のメンバーが同時に配信することもできます。ライブ画面には、グループキャス配信中を示すアイコンが表示されます。
メンバーであっても未ログインの状態では視聴ができないため、登録されたアカウントIDでのログインが必須になります。

グループキャス_プレスリリース用画像

コラボや高画質配信にも対応、より身近なツイキャスに

グループキャスでは通常の配信と同様に、動画だけでなくラジオモードやツイキャスで大変人気の高いコラボ配信モードも利用できます。コラボ配信モードでは最大6名で直接会話ができるので、メンバーだけの空間で心置きなくおしゃべりが楽しめます。
また、ツール配信にも対応しており、高画質な配信も可能です。
「相互サポーターやTwitterのフォロワー同士で安心してプライベートな話もしたい」「限定されたグループにだけ映像を共有したい」といった時など、様々なシチュエーションを仲間と共有していただくことで、ツイキャスがこれまで以上にユーザーのライフスタイルに密着したサービスになることを目指していきます。

TwitCasting(ツイキャス)とは

ツイキャスとは、モバイルにフォーカスしたライブ配信コミュニティです。スマートフォン一台あれば、いつでもどこでも映像を配信出来るサービスとして拡大し、現在全世界に1,800万人以上の登録ユーザーがいます。そのうち、約2割が海外の登録ユーザーです。

・リリース日: 2010年 2月 3日
・対応言語: 日本語、英語、スペイン語、ポルトガル語、韓国語、繁体字、タイ語、インドネシア語
・アプリの対応:App Store(配信用閲覧用)Google Play(配信用閲覧用
・メディア素材:こちら

各記事に関するお問い合わせや取材依頼などはこちらからどうぞ。