TechCrunch – オープン3カ月で11万ライブ達成のTwitCasting。目指すのはリアルタイムインフラだ

メディア掲載

オープン3カ月で11万ライブ達成のTwitCasting。目指すのはリアルタイムインフラだ

screenshot17

2006年にスタートアップしたUstreamが日本の巨大テレコム、ソフトバンクによる$20Mの出資を受ける一方で、動画共有サイトのVeohは巨額の投資金を使い果たし、ついにその姿を消した。動画共有というトレンドがライブ動画へと変遷するなか、各社はTwitterによって生み出されたリアルタイムウェブという巨大なプラットフォームを活用することで、新たな局面を作ろうとしている。

特に注目すべきはモバイルだ。kyte、qikなどのプレーヤーに加え、Ustreamもモバイル対応を積極的におこなっている。そしてモバイル天国の日本でもこのマーケットにチャレンジするプレーヤーが現れた。サイドフィードの提供するTwitCastingだ。読者のみなさんなら一度は「モイ!」っと配信したことがあるのではないだろうか。

各記事に関するお問い合わせや取材依頼などはこちらからどうぞ。