ツイキャスが世界初!ライブ中に画面を自動回転する「まわし撮り機能」をリリース

通信速度制限下でもなめらかな配信ができる「なめらかモード」も同時リリース

モイ株式会社(本社:東京都千代田区,代表:赤松洋介 )は、ライブ配信サービス「ツイキャス(正式名称: TwitCasting)」の配信用アプリ「TwitCasting Live」(iOS版)に2つの新機能「まわし撮り機能」「なめらかモード」を搭載し、UIを刷新したことをお知らせ致します。(公開は日本時間6月24日11時を予定)

newlive1
newlive2

横画面での配信に対応する「まわし撮り機能」

最近、カップル配信や友達との配信など、複数人で配信したいというニーズが増えてきております。複数人で配信する場合は画角を広げるため、横画面で配信される場合が多いですが、これまでスマートフォンを横にして配信すると、視聴画面は縦のまま映像のみが横向きになり、視聴しづらい状態になっていました。「まわし撮り機能」では、配信中にカメラを傾けて横画面で配信しても視聴者の映像は縦画面のまま固定されます。これにより、画角が広い横画面でも中継できるようになりました。このような、動画配信中に自動で水平を保つ機能は世界初となります。ズームにも対応し、より幅広い配信が可能です。

<まわし撮りイメージ動画>

通信速度制限下でもなめらかな配信ができる「なめらかモード」

これまで、通信速度制限下で配信する場合は画質音質が低下してしまっておりましたが、新たなコーデックを採用し、今までの約半分の帯域の状況でも、なめらかな動画配信が出来るようになりました。これにより旅行先や地下など電波環境が悪い場所でもストレスなく配信することができます。

海外ユーザーの拡大を狙ったデザイン

今回、海外ユーザーの拡大を狙って、米サンフランシスコを拠点とするデザインスタジオ(QuorStudio)とともにデザインを設計しました。フラットデザインを採用し、煩雑な画面をシンプルかつスタイリッシュに仕上げました。文字でのガイドラインを残し、既存ユーザーが戸惑うことなく利用できるように心がけました。

より多くの人が簡単に使えるアプリを目指して

ツイキャスは2015年3月、累計配信回数1億5000万回を達成、4月に1,000万人ユーザーを突破しました。これをひとつの通過点と捉え、今回の配信・視聴用アプリリニューアルにより、圧倒的な使いやすさと世界基準のデザインで海外でのユーザー拡大を狙います。

TwitCasting(ツイキャス)とは

ツイキャスとは、モバイルにフォーカスしたライブ配信コミュニティです。スマートフォン一台あれば、いつでもどこでも映像を配信出来るサービスとして拡大し、現在全世界に1,000万人以上の登録ユーザーがいます。そのうち、約2割が海外の登録ユーザーです。

・リリース日: 2010年 2月 3日
・対応言語: 日本語、英語、ポルトガル語(ブラジル)
・アプリの対応:App Store(配信用閲覧用)Google Play(配信用閲覧用
・メディア素材:こちら

各記事に関するお問い合わせや取材依頼などはこちらからどうぞ。