長渕剛さんが10万人オールナイトライブのリハーサル配信

PR部

日本を代表するアーティストのひとり、長渕剛さんが2015年8月22日に富士山麓にてオールナイトライブを開催します。オールナイトライブは2004年に桜島にて行ったライブ以来で、来場客数は10万人を予定。

長渕剛さんのツイキャス

nagabuchi

総視聴者数15,000人、コメントは数千を越えた

歴史的ライブに向けて、本番さながらのライブリハーサルをツイキャスにて配信しました。配信まで公式Twitterや公式LINEなどを使って、情報を拡散しリスナーを集めました。

nagabuchi2

配信に対するファンからのコメントは数千を超え、「今日の全通しリハこれで全部見たい!ファンもリハしたい」「長渕剛のライヴは最高だよ」「勇気出して生ライヴ行ってみます!」など、ファン同士のコミュニケーションも活発に行われ、そういったコメントがSNSに拡散したことで視聴者はぐんぐん増加。最終的に、コメントをTwitterにも同時投稿したユーザーのフォロワー数合計は70万人を突破し、配信における最大同時視聴者数3,000人以上、総視聴者数15,000人以上を記録しました。

配信終了後にはツイキャスのコミュニティ機能を利用し、感想をリスナーに呼びかけたところ、リアルタイムでさまざまな感想が寄せられました。アンコール希望が多かったため、2回ものアンコール配信を行い、配信はまるでライブ本番のような盛り上がりを見せました。

素顔が垣間見えるリハーサル配信の効果

ライブリハーサルのような普段メディアなどでも取り上げられることの少ないシチュエーションのアーティストの様子を見れることはファンにとって貴重な体験であり、それが視聴者を集め、かつネット上での拡散を促した要因でした。今回はさらに配信テロップにチケットの情報を設定したことで、新たに長渕剛さんの曲を聴いたユーザーやSNSで拡散された先に向けてしっかりとライブのアピールをすることにも成功。ファンや認知の拡大を狙って、ツイキャスというプラットフォームを使うアーティストも増えています。

長渕剛 10万人オールナイト・ライヴ 2015 in 富士山麓の詳細はこちらから。伝説になること間違いなしのライブチケットをお見逃しなく!

長渕剛

nagabuchi1

1956年9月7日、鹿児島に生まれる。1978年、「巡恋歌」で本格デビュー後、多くのヒット曲を生み出す。本人自身が転機だったと語る86年のアルバム『STAY DREAM』以降は、表現の世界により強さや深みが増し、『昭和』『JEEP』『JAPAN』など、数々の名作を次々に発表。ライブにおいても、日本武道館や東京ドームで「センターステージにギター1本」という革新的なスタイルや、桜島に全国から7万5000人を動員するという驚異的な伝説を残し、この夏、8月22日には、富士山麓で「10万人オールナイト・ライヴ」という新たな伝説を作ろうとしている。また、音楽のみならず、俳優としても、詩画や書の世界でも異彩を放ち、各界に多くのファンを生んでいる。

長渕剛 オールナイト・ライヴ2015 in 富士山麓
8月22日(土)ふもとっぱら(静岡県富士宮市)
公演予定時刻:8月22日(土)夜9時~8月23日(日)朝6時
オールスタンディング(ブロック指定)¥15,000(税込)
※公演中、数回の休憩あり。
※雨天決行、荒天中止
※オールナイト公演の為、条例により18歳未満入場不可

公式サイト
公式Twitter

各記事に関するお問い合わせや取材依頼などはこちらからどうぞ。