ツイキャスの総配信回数が2億回突破、ゲーム実況配信にも進出

モイ株式会社(本社:東京都千代田区,代表:赤松洋介 )は、ライブ配信サービス「ツイキャス(正式名称: TwitCasting)」の累計配信回数が2億回を突破したことをお知らせいたします。

1年で累計配信1億回から2億回達成

ツイキャスは2010年2月より誰でも手軽に映像を配信し、コミュニケーションを楽しめるサービスとしてたくさんの方に利用していただいております。サービス開始後、4年で累計配信回数1億回を達成、その後急角度の成長を遂げ、1年で2億回に到達しました。2億回という配信回数は国内ライブ配信サービス最大規模となります。

200million

ツイキャス急成長の背景

2015年4月ユーザーが1000万人を超え、さらなるユーザー拡大のため配信用・視聴用(iOS版・Android版)の4アプリのフルリニューアルに着手。2015年9月にすべてのアプリをリリースしました。海外展開を視野に入れたフラットデザインと世界初の新機能「まわし撮り」や最新の音声圧縮「Opus」に対応しました。既存ユーザーはもちろん、新規ユーザーが直感的に使うことができるサービスを提供しています。また、ツイキャスでは声に癒やしを求める「イケボ(イケメンボイス)」やメイクやヘアメイクの様子を配信する「メイクキャス」など、ほかのサービスでは見られない独自の文化を形成。日々、ユーザー同士がコミュニケーションを楽しむプラットフォームとなりました。

さらなる成長に向けてゲーム実況配信を強化

ゲームはライブ配信と相性がよく、国内外にさまざまな配信サービスが展開されています。現在ツイキャス全体のゲーム実況配信者数は発展途上ですが、上位配信者の同時閲覧者数は平均1000人を超えるほど。ゲーム自体がエンターテイメント性が高いので、身近で誰でも楽しめる人気の配信カテゴリと位置づけられています。

そこでツイキャスでは今後一層の強化を見込み、2015年10月外部ツールを活用した配信に対応します。ツイキャスにアクセスせずとも配信開始・通知が可能になることで、新たな文化形成とユーザー拡大の見込み。また、ゲームchを新たに設置し、配信者・視聴者ともにいままで以上に利用しやすいプラットフォームを提供し、さらなるサービスの発展を目指します。

TwitCasting(ツイキャス)とは

ツイキャスとは、モバイルにフォーカスしたライブ配信コミュニティです。スマートフォン一台あれば、いつでもどこでも映像を配信出来るサービスとして拡大し、現在全世界に1,000万人以上の登録ユーザーがいます。そのうち、約2割が海外の登録ユーザーです。

・リリース日: 2010年 2月 3日
・対応言語: 日本語、英語、スペイン語、ポルトガル語、韓国語、繁体字、タイ語、インドネシア語
・アプリの対応:App Store(配信用閲覧用)Google Play(配信用閲覧用
・メディア素材:こちら

各記事に関するお問い合わせや取材依頼などはこちらからどうぞ。