「スクリーンキャス」:機能性とデザインを一新したバージョンをリリース

モイ株式会社(本社:東京都千代田区 代表:赤松 洋介)は、スマホの画面をそのまま生放送できる専用ライブアプリ「ScreenCas(スクリーンキャス)」の新バージョンをリリースいたしました。

画像:「PUBG MOBILE」:PUBG株式会社様の許可を得て作成しております。

画像:「PUBG MOBILE」:PUBG株式会社様の許可を得て作成しております。

進化したスクリーンキャス

スクリーンキャスは、スマホ1台でゲーム実況を行うことができるライブアプリです。

主なリニューアル内容

  • アプリの全体設計やデザインを一新
  • ゲームアプリの視聴に最適化された視聴画面の追加
  • 仲間と会話できるチャットルーム機能を追加

screen_cas_help_07

視聴体験の大幅向上

新バージョンでは、スクリーンキャスアプリのみで視聴・コメントができるようになり、まるで自分がゲームをプレイしているかのような没入感のある視聴体験が得られるよう、ボタン配置を考慮した見やすいデザインにアップデートしました。
さらに、ユーザー同士のコメントのやりとりをサポートする便利な定型文機能や、複数の配信を同時に表示できる小窓機能などを盛り込み、視聴体験が大幅に向上しました。

チャットルームについて

アプリのTOP画面に、自由にメッセージを投稿できるチャットルームを設置いたしました。チャットルームでは、一緒に戦うフレンドを募集したり、ユーザーと情報交換をしたり、自由に会話を楽しむことができます。

アプリ概要

screencas_app_icon

アプリ名 ScreenCas(スクリーンキャス)
利用料金 無料
アプリダウンロード こちらから
対応端末 iOS 12 以上の端末で配信可能
各記事に関するお問い合わせや取材依頼などはこちらからどうぞ。